CATEGORY:タニコバM4

2010年05月12日

タニオコバM4用 ハイサイクルバッファー 【加工編】




画像は向かって右端はタニオコバ製ノーマルバッファー、他の2本は「タニオコバ製・ハイサイクルバッファー」です。


何故ハイサイクルバッファーが2本も!?


それは今回の加工用に余分に1本購入したからです(o ̄ー ̄o) ムフフ


今回はこの「ハイサイクルバッファー」を加工してノーマルバッファーとハイサイクルバッファーの中間の物を作りたいと思います!m(_ _)m


何故中間か?それはノーマルバッファーではブローバックがかなりモッサリ(-_-)、かと言って夏場にハイサイクルバッファーでは軽量すぎるため作動不良を起こし使えない・・・。

そこでノーマルバッファーとハイサイクルバッファーの中間ぐらいの重さ、夏場でも快適に使える「中量バッファー」を作る事にしました(もっと良いネーミングありませんかね??募集します!(笑)(^^;))
(ちなみにノーマルは73g、ハイサイが35gらしいので53g前後を目指したいと思います。)


既に、他のブロガーさんが旋盤を使用し削り出しで作っておられますが(うらやましい〜)、勿論!我が家には旋盤なんてありません(-_-)


なので今回のコンセプトはズバリ!「愛LOVE!ホームセンター!」


ハイ、前置きが長くなりましたが早速作業工程に入りたいと思いますm(_ _)m









画像の物は、M12×20の芋ネジ4個(うち2個のみ加工)、M12×1.75のタップ(他にピッチが1.5の物があるので間違えないように注意!)M12×1.75のナット2個(芋ネジの加工時に使用)画像には写っていませんが他に10.3ミリのドリル(私は10ミリのドリルで強引に加工しました・・)タップハンドル、卓上ボール盤が必要となります。



作業前に簡単に説明すると、芋ネジ1個が約11gこれを2個使用しバッファー内にねじ込みウエイトの代わりとします。また芋ネジの中心に3.5ミリの穴を空けリコイルチューブ内の空気を逃がすようにし、空気抵抗を減らすことによってバッファーの動きをよりスムーズにします。
(ハイサイクルバッファーは元々中心に6ミリの穴が空いてますが普通に芋ネジをねじ込むと空気穴を塞いでしまうため上記加工を施します)









バッファーの穴を径の細いドリルから順番に使用し、徐々にM12のタップを切るための推奨値である10.3ミリの穴になるまで広げて行きます。(私は手持ちが10ミリまでのドリルしか無かったので下穴10ミリでタップを切りましたが無事に加工できました)

穴の深さは約5センチ〜6センチぐらいとしました。












無事下穴が空いたらM12×1.75のタップを使用しネジ穴を切ります。
(ここは焦らず説明書通りに、半回転ねじ込み少し戻す!を繰り返し徐々にネジを切って行きます(^^;))







バッファーの素材はジュラコン製(プラの種類??)なので比較的簡単にネジ山が切れます。









無事ネジ山が切れたら実際に芋ネジをねじ込み深さを調整します。
(下穴が浅いとネジ山をもう一度切り直さなければならないので注意が必要です)











芋ネジを2つねじ込み、このような感じになればOKです!


この時点で試射したところノーマルバッファーよりは若干サイクルが早いかな?って感じです。












バッファー本体の加工は以上ですので次に芋ネジの加工に移ります。


作業は芋ネジに3.5ミリの穴を開けるのですが焼き入れされているネジに穴を開けるのは簡単ではありません・・・


まず画像の用に芋ネジにナットを2つねじ込み固定用の台座とします。
(ナットが1個だと穴空け時にドリルと、とも回りしてしまいます)












穴は普通の鉄鋼用のドリルでも空きますが時間がかかるので少し高級なチタンコートが施された3.5ミリのドリルを購入(700円近くしました・・(>_<))

何故3.5ミリ?

ハイサイクルバッファーには元々6センチの穴が空いてますが同じ6センチの穴を芋ネジに開けるとウエイトが軽くなりすぎる為と、穴を開けるのが結構大変だからです(後から穴を広げるのは簡単ですしね!)










以前ホームセンターで購入した安物「卓上ボール盤」です!


安物ですがこの程度の加工なら十分活躍してくれます。










それっ!!!

「見せてもらおうか、チタンコートの性能とやらを!」








うおぉ〜


スゴイ切れ味!!(・_・;)_・;)・;);)) ナントッ!!








焼き入れ上等!!とばかりにバッチリ穴を開けてくれました!(  ̄っ ̄)ムゥ





(適当に穴を開けたのでセンターが出てません・・・(/TДT)/あうぅ・・・・まあイイか・・)

穴を開けた芋ネジ2つをバッファーにねじ込み終了〜!!

・・で早速試射!

明らかに穴無し芋ネジの場合と違います!

キレが違います!

今回の加工で空気穴が如何に効果的に機能しているのかが分かりました(o ̄ー ̄o) ムフフ

バッファーの重さは手持ちの量りでは約50gでしたのでまあOKとします。
(精密な量りでは無いのであくまで約ですが・・・)






このバッファーのメリットは、芋ネジを利用したことによりウエイト調整の幅がより広くなった事と、穴空き穴無しの芋ネジを使い分ける事で空気抵抗を利用した調整も出来るようになった事ですね!

まだ、夏場でのフィールドテストを行っていないので詳しい実射性能は何とも言えませんが、加工自体は成功かと・・(^^;)

実射性能の詳しい結果は夏場以降にまた報告したいと思いますm(_ _)m


それではまた(^^)/





同じカテゴリー(タニコバM4)の記事画像
タニオコバM4 中量バッファー
タニコバ SW M&P15T 
同じカテゴリー(タニコバM4)の記事
 タニオコバM4 中量バッファー (2010-08-12 12:52)
 タニコバ SW M&P15T  (2010-05-06 13:57)

Posted by チョロッパー  at 16:57 │タニコバM4

COMMENT
早速内部カスタムですか!∑(`□´/)/

ホントいろいろやりますよね~(o^-')b
Posted by MOGURAMOGURA at 2010年05月12日 18:15
こんばんは。(゚▽゚)/

アイデア無限大っ!?

大胆な行動力!

羨ましい〜。
(ノ´Д`)ノ ア〜ン

今度、撃たせて下さ〜い。
Posted by いしやん at 2010年05月12日 18:39
MOGURAさん>

あはっ(^^;)

基本的に好きなんですね~!

性能UP!&ストレス発散にもなり一石二鳥です(^^)/



いしやんさん>

そういって頂くと素直にうれしいっす!!(TωT)ウルウル

是非是非!納得いくまで撃ってくださいな!(^^)/
Posted by チョロッパー at 2010年05月12日 20:00
はじめまして、タニコバでヒットしましてお邪魔しましたm(__)m
タニコバさんのワンオフ良いですね!羨ましい!!
先月タニコバM4購入しましたので、中間バッファー早速真似させて頂きます!
Posted by どんぶり勘定 at 2010年05月12日 22:53
どんぶり勘定さん>

はじめまして、初コメありがとうございます!

タニコバ良いですよね(^^)/

おかげで金欠病ですが(笑)


中間バッファー早速参考にして頂けるなんて光栄です(^^;)

GBB初心者なので今後、問題点や改良点などありましたら教えて頂けたらありがたいですm(_ _)m 是非アドバイス下さいね!


こんな駄ブログですが今後もよろしくお願い致します(^^)/
Posted by チョロッパー at 2010年05月13日 01:14
さすが、実行が早いですね~。
後からウエイト調整出来るってとこが素晴らしい。
ナイスアイデア!

今度、是非撃たせて下さい。
Posted by SUN at 2010年05月13日 14:04
SUNさん>


お褒め頂きありがとうございますヽ(^^)

褒められて伸びるタイプなのでうれしいっす(≧∀≦)

是非とも撃って下さい!( ´∀`)
Posted by チョロッパー at 2010年05月13日 18:23